Youtubeチャンネル「令和の虎」界隈で巻き起こる、二人の社長間のトラブルについて進捗があった。

※以下は前回まとめた記事

K社長の弁明動画「後編」が公開された。

「前編」に続き、I社長の語る「K社長の真実」に対する弁明がLINEの証拠写真を並べながら淡々と続いた。

その後、別でパワハラなどを受けた元番組アシスタントのちなるさんのLINEスクショを本動画で公開する寸前まで来ていたが、流れの中で同じ虎の立場であるH社長とLINE通話をする一部始終があった。

そのやり取りの中でK社長は一旦矛を収め、その場でちなるさんと連絡を取り、この場での公開はやめても良いか?と了承を取った上でスクショの公開を取りやめることになった。

そして後編動画配信の翌日、K社長本人のTwitterで「大変なことが起こりました」とツイートがあった。

これだけでは何が起こったのか分からず、気になってその後頻繁にTwitterを確認していると、どうやら何者かから殺害予告があったよう。。。

すぐに刑事が駆けつけ安否確認、事情聴取があったとのことだが、一体誰がこのようなことをしているのだろう。

K社長はこの件に関して、IPの特定と合わせ、被害届を提出するようだ。

元々はI社長とK社長による争いだったはずだが、事態はさらにややこしくなってきた。

K社長はいつでもI社長に会って決着をつけるつもりのようだが、対してI社長は動画内で「この件は終わったこと」と片付け無視している。

殺害予告まできているとしたら、早くこの争いに終止符を打つべきだと思う。

12月27日までにI社長から何らかのアクションがなければ、K社長は次の行動に出るそうだ。

事態はどんどん大事になってきているので、一刻も早く決着をつけてほしいところだ。