スーパーで買ってきたスルメイカをさばいて、イカの肝ソース和えペペロンチーノを作ってみたので、レシピをまとめておく。

材料(2人前)

パスタ(乾麺)1.6mm200g
スルメイカ1杯
ニンニク1片
鷹の爪1本
オリーブオイル30g
パセリ適量
水1リットルに対し1%

ベースはペペロンチーノなので、個人的には細めのパスタの方が合う気がする。

作り方

スルメイカをさばく

まずイカのエンペラ(耳)を外し、胴体の中に手を突っ込み胴体と内臓部分の付け根を外す。

次に、ゲソを掴んで内臓ごと引っ張り出して胴体と分離させる。

目玉の上部分に包丁を入れてゲソと内臓を切り分け、内臓側は墨袋を丁寧に外し、上部の内臓(肝以外の部分)もカット。
ゲソ側は目玉を潰さないようにくり抜き、クチバシ部分をカット。

ゲソ先には固い吸盤がついているので包丁で削ぎ落としてから、食べやすいサイズにゲソをカットする。

胴体はキッチンペーパーを使いながら薄皮を剥ぐ。
その後食べやすいサイズにカットするのだが、今回は輪切りにしてみた。

オイルソースを作る

通常のペペロンチーノ同様、オリーブオイルにカットしたニンニクを入れ、弱火でじっくり香りをオイルに移す。

鷹の爪を入れるタイミングは、好みの辛さに応じて入れる。
俺は辛い方が好きなので、ニンニクが沸々し始めたらすぐに投入して、しっかりと辛味を引き出す。

オイルにイカの肝を溶かし込む

オイルソースが完成したら火を止め、さばいたイカの肝を入れる。
木べらで潰しながらオイルへ溶かし込んでいく。

さらに茹で汁をお玉いっぱい分くらい入れ、弱火で火を通しながらよく混ぜ、ソースを完成させる。

茹で上がったパスタと合わせて完成

パスタは袋表記のマイナス2分くらいと早めにあげ、ソースに投入したら弱火で混ぜながらソースをパスタにしっかりと煮含ませる。

1分ほど和えてアルデンテに仕上がったら、オリーブオイルを一回しかけてフライパンを煽って馴染ませる。

完成

盛り付けたらパセリを散らして完成。

ポイントは、気持ち多めの茹で汁でソースを作ること。

茹で汁が少ないとオイルと肝がよく馴染まず、分離したようなソースになってしまうので、この分量の感覚さえ掴んでしまえば失敗しない。