Youtubeで見たレシピを参考に作った、卵のパスタが激旨だったのでそのレシピをまとめておく。

材料(2人前)

材料はたったこれだけ。どれも冷蔵庫にあるような簡単な食材ばかりだ。

パスタ1.6mm(乾麺)200g
3個
ベーコンまたはパンチェッタ60g
チーズ適量
胡椒適量
ニンニク1片
オリーブオイル40g

作り方

目玉焼きを作っておく

まず、後乗せ用の目玉焼きを先に作っておく。

黄身が完全に固まる前に仕上げた方が、後でパスタと絡めて食べやすい。

パスタを茹で始める

塩分濃度約1%の茹で汁でパスタを茹で始める。

茹で時間は袋表記のマイナス1分がおすすめだが、好みの硬さに合わせて調整。

パスタソースを作る

フライパンに、オリーブオイルとベーコンまたはパンチェッタを入れ、冷めた状態からゆっくり火を入れていく。

ベーコンに軽く色が付き始めたら、潰したニンニクを入れてニンニクの香りをオイルに入れていく。

ベーコン、ニンニクにある程度火が入ったら、今度は生卵を一つフライパンへ入れよくかき混ぜる。

スクランブルエッグ状になったら、パスタの茹で汁約30ccを入れ、鍋底にこびりついた旨味をこそぎ落としたらソースの完成。

パスタとソースを和えて盛り付け

茹で上がったパスタをフライパンに入れ、パスタとソースをよく和える。

お皿に盛り付けたら、事前に作っておいた目玉焼きを上に乗せ、仕上げにチーズと胡椒を適量かけて完成。

味の感想

あっさりしているようで、ベーコンの塩味、胡椒の香り、黄身の旨味が絡んで、意外にパンチのある味だった。

男性諸君はハマる味だと思う。