最近、ブロッコリーを使ったパスタを覚え、作る機会が多くなっている。

レシピについては以前の記事で紹介したが、今回は多分に含まれる栄養価と気になるカロリーについてまとめていく。

ブロッコリーソースのパスタから得られる栄養価は?

まず、メインの食材となるブロッコリーには主に次の栄養素が含まれている。

  • ビタミンC
  • タンパク質
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • カリウム

などなど。

特にビタミンCについては、ブロッコリー100gとレモン1個分を比較してもブロッコリーの方が多く含まれているほどで、その他にも野菜には珍しくタンパク質も豊富に含まれている。

調理することでブロッコリーの栄養が逃げてしまわないかと心配なところだが、軽く1分ほど下茹でした後は、ずっとフライパンの中で調理していくので栄養素も全てソースに溶け込むため心配はない。

また、ソースに加えるアンチョビには、コレステロールや中性脂肪を減少させるDHAやEPAが含まれており、DHAは脳神経を活性化させ、EPAは血液をサラサラにする効果がある。

気になるカロリーは?

2人前(パスタ200g)作る場合のカロリーをまとめてみた。

分量カロリー
オリーブオイル30276.27
パスタ200298
ブロッコリー8026.4
ニンニク113
パルミジャーノ1047.4
アンチョビ4164

総カロリーは825.07kcal、1人前換算たったの412.54kcalだ。

個人的に一人前100gはパスタを食べたいところだが、もう少しパスタとオイルの量を調節すれば300kcal程度まで抑えることもできそうだ。

パスタを減らし物足りない場合は、低カロリーのブロッコリーを多めに入れてみると良いだろう。

詳しいレシピは以下の記事で取り上げているので是非作ってみて欲しい。