本記事執筆時点、アメリカで開催されている「E3 2021」で「Age of Empires 4」に関する続報があり、その発売日が2021年10月29日(日本時間)と発表された。

以前紹介した以下の記事を書いた時点では2021年秋とされていたが、ここへきてようやく正式なリリース日が報じられた。

さて、今回の続報では新たに次のことが明らかになった。

販売価格は?

Steam版のダウンロード価格は日本円で以下の通りとされている。

通常版: 7,590円
デジタルデラックスエディション: 9,680円

デジタルデラックスエディションには、公式サウンドトラックやユニットカウンターチャートなどが特典として付いてくるようだが、とりあえずゲームをプレイする分には通常版で十分だろう。

プレイに必要な最小スペックは?

Steamで公表された、動作スペックについての最小要件は次のとおり。

OS: Windows 10 64bit
プロセッサー: Intel Core i5-6300U
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: Intel HD 520
DirectX: Version 12
ストレージ: 50 GB 利用可能

https://store.steampowered.com/app/1466860/Age_of_Empires_IV/

これだけを見ると、Age of Empires 3 Definitive Editionと大差は無さそうなので、プレイするだけなら今持っているPCで何とか動かせそうだ。

しかし、Age of Empires 4を4Kグラフィックで、また最大8人でのマルチプレイをおこなうとなれば、マシンの買い替えが必要になってきそうだ。

使用可能な6つの文明

4月に発表された時点では、中国、モンゴル、イギリス、デリースルターン朝、の4文明しか明かされていなかったが、今回新たにフランス、アッバース朝の2文明が追加発表された。

最終的には合計8文明まで使えるようになるようだが、個人的に文明数は無闇矢鱈に増やして欲しくない。

過去作品のAOE2、AOE3では、拡張に伴い使用できる文明がどんどん増えてきたが、数が増えてくるとなかなか全文明・全ユニットの特性やを網羅しプレイすることは難しかった。

まぁ、多くても10文明くらいが個人的理想である。

ジャンヌダルク キャンペーン

AOE2勢の方にはお馴染みのジャンヌダルクがキャンペーンとして盛り込まれることが分かった。

ジャンヌダルクは、AOE2の数多くあるキャンペーンの中でも難しい部類に入るキャンペーンだったが、今作でもその難易度は踏襲されているのだろうか。

まとめ

PCゲームは、クオリティの高さに比例して高いマシンスペックが要求され、ライト層のゲーマーには敷居が高く感じられるかもしれない。

しかしAge of Empires 4は、世界中でRTS、AOEブームが巻き起こることを期待させてくれる作品であり、ライト層にもその波紋は少なからず伝播していくことだろう。

詳細なゲームシステムなどはまだ発表されていないため、今後1、2回ほど大きな発表があると予想される。

発売まであと4ヶ月。期待を膨らませながら次の発表を待とう。