久しぶりに昔のことを振り返ってみようと思う。

俺は中学2年の時に囲碁を覚え、それから1年猛勉強をし、中学3年の夏にプロの囲碁棋士を目指すため、生まれ育った熊本を離れ大阪で一人暮らしをすることになった。

今回はその時に住むことになった、大阪市福島区の玉川というところにあるボロアパートのことについて書いていく。

そのアパートは、大阪へ行く前に前もって親父が契約していてくれた物件だった。

同じく地方から出てきて棋士を目指す先輩が、同じアパートの別部屋に住んでいるとのことで紹介してもらった物件らしい。

間取りは和室4畳半のワンルームで、風呂なし・共同トイレ。
家賃は2万円の激安ボロアパートだった。

アパートの入り口は大人が一人やっと通れる程度の狭さで、入って5mほど歩いたところに軋む階段がある。

階段を上ってすぐのところが俺の部屋だった。
先輩は俺の部屋の真下だったと思う。

今思えば住むには最悪の環境だったが、初めて部屋を見たときは「これでこそ修行だ」という気持ちが勝り、意外にもそこまで酷い印象はなかった。

初日は親父も一緒だったので、近くで家具を買うことにした。

揃えた家具は小型冷蔵庫、タンス、テレビデオ(VHSを見ることができるやつ)、パイプ椅子、布団、小さな本棚と最低限のもののみ。

4畳半の部屋に買い揃えた家具を並べると一層狭くなった。
一応押し入れがあったのだが、押し入れから布団を出すともう歩くスペースはない。

だが修行の身のうちはこれで良い。贅沢を言う身分ではない。

ちなみに風呂と洗濯機はアパートにないので、毎日近くの銭湯に通い、洗濯はコインランドリーでしていた。

当時は銭湯の入浴料も安かったので、家賃の2万円と合わせて固定費は合計3万円程度だったかと思う。

築年数は正確に覚えていないが相当古かったように記憶している。

夜になると天井裏でネズミがドタドタ走り回り、当然ゴキブリもよく出た。

今思うと、よくあんなところで2年も住んだものだと我ながら感心する。

今回は15歳の俺が一人暮らしをはじめた最初の物件について紹介したが、次回はこのアパートで2年間どのような生活をしていたかを記事にまとめていこうと思う。