WordPressで子テーマのディレクトリまでのパスを取得する際、以下の関数を使用する。

$childThemeDir = get_stylesheet_directory_uri();

先日、WordPress案件を久しぶりに受けることがあったのだが、get_template_directory_uri()関数を使って、なかなか子テーマのパスを取得できなかったので困惑したが、こちらは親テーマのディレクトリパスを取得する関数だった。

get_stylesheet_directory_uri()関数は、スタイルシートが置かれているディレクトリのパスを取得する関数なので、今後は親テーマ・子テーマに関わらず基本的にはこちらの関数を使用してコーディングするようにすれば間違いない。